トイレのつまりを直す道具は他にもこんな道具があります。

   

トイレのつまりを直すためにラバーカップやペットボトルを使ってみたけどダメだった、もしくはそもそもラバーカップもペットボトルもない人へ
トイレのつまりを直すために他にもつまり除去に使える道具があれば知りたいですよね。

ということで、他にもいくつか使える道具があるのでご紹介したいと思います。

こちらも参考になります:amazonで手に入るトイレつまりを直す為の道具ってどれがおすすめ?

真空ポンプ


真空ポンプはラバーカップと比較しても使い勝手は◎ですが、市販で購入すると金額も高いので一応2位ですw
真空ポンプはローポンプとも呼ばれてますが、形も色々とあります。主に業者用の道具なので高額かもしれませんね。

特徴は、ラバーカップよりも吸引力が強いので詰まりを除去できる確率が高くなります。どちらかというと、ラバーカップはトイレに押し流す道具ですが真空ポンプは吸引して詰まりの原因となっているものを取り出す道具です。

真空ポンプの使い方

1.真空ポンプの使い方は、図のように垂直にトイレの水が溜まっている口部分にゴムをあてて取っ手を引っ張るだけです。

2.詰まりの原因物を引き上げるイメージで引っ張って、真空ポンプの圧力で引き上げた詰まりの原因となるものが見えたらゴム手袋やビニール袋を手に付けて思い切って取り除こう!

真空ポンプの使い方は動画でも詳しく説明しているので参考にしてください。

針金ハンガー、ワイヤーを使った直し方

針金ハンガーは手元にラバーカップがないと言う時に詰まりを解消できるおすすめの道具に変身します。
トイレの中の構造はSじ型に曲がっているので針金ハンガーも先の方を曲げてトイレの中に入れて詰まっているものに当たれば引き出すか、そのまま流して良い物であれば何度も押し続けることで水が流れて詰まりが解消できます。

針金ハンガーで詰まりを直す場合もトイレットペーパーが詰まった場合が適しています。
トイレに流れきれないものであった場合は針金ハンガーでゴリゴリ押し続けると余計に奥で詰まってしまうので注意してください。

つまり、針金ハンガーワイヤーブラシ作業動画

そもそもトイレのつまりの原因とは?何で詰まるの?トイレ配管や蛇口の仕組み

今更ですがトイレの中の仕組みを知りましょう。トイレの中の仕組みはこのようにS字状になっているので画像のような奥の場所で物が詰まった時は、絶対にスッポン(ラバーカップ)を使わないように注意してください。

トイレ詰まりで一番費用がかさむのがトイレの中の奥に物が詰まってしまった場合です。

まだ目の届く場所に詰まったなら問題ないのですが奥に詰まると状態は重度の修理対象になり費用が掛かってしまいます。

それを踏まえあなたがトイレに落としたものや現在の状況を確認して対処法を考えてみましょう。

元トイレ修理業者、桜井おすすめ!信頼できる口コミ評判も良い業者ランキング

水道トラブルマスター

トイレを早く修理して快適に使いたい人へ!こちらの業者さんは最短30分で早く駆けつけて作業してくれる水道局指定工事店で丁寧な作業・対応をして頂ける凄く信頼できる水道修理業者さんです。 そしてトイレの修理は4000円~となっていますが修理にかかる費用がなぜその料金になるかということも丁寧に教えてくれるので納得の業者さんです。 見積もり無料でクレジットカード支払いもOK(^^)/ 24時間365日営業していて急な水回りのトラブルにもすぐ対応してくれるところが良かったです!

水道修理隊

料金は2000円~となっており、この料金が最低料金で簡単な作業であれば2000円で済む格安な料金価格となっています。 出張お見積もり無料で行っているので一度、電話で問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 - 直し方