トイレを新しく交換したいけどトイレの交換工事、リフォームに掛かる費用ってどれくらいだろうか?

      2017/08/14

トイレを長く使っていると古くなってくるので新しく交換したい方もいると思いますが、トイレ交換をするにあたって色々と気になる事って多いですよね。

例えば新しいトイレ交換にかかる費用(自分で作業した場合と業者に依頼した場合の費用など)

便座の交換であればホームセンターや町の電気屋さんのトイレコーナーで売っていますし簡単に取り付けも可能ですのでできると思いますがトイレ一式すべて取り換えるとなると作業量と費用がかかります。

基本的にはトイレのリフォームになるので専門の業者さんに任せた方が良いと思いますが、トイレ交換に関して気になる事を書いてまとめていきたいと思います(^^)/

<<スポンサードリンク>>

新しいトイレを買った場合の費用、相場はこのくらい

新しくトイレを買う場合の費用(相場)ですが一番安いトイレでも最低10万円~高くて60万円程するものもあります。

60万円程するトイレは節水型トイレが多いのですが新品のトイレとなるとやはり安くはないです。

でも、安いトイレで用を足したくないですよね(笑)トイレだからこそ少しお値段がしても妥協しないで快適に使いたいです!

自分で交換する手順

新しくトイレの交換を自分でしたい方もいると思いますが、はじめに言っておきます!

「交換」と聞くと簡単な言葉に聞こえますが取り換え作業になりますので物凄く大変です(◎_◎;)

一応自分でリフォームしてトイレの交換をすることも可能なんですがDIYとか細かい作業が得意な方であればできると思います。

でも基本的にはDIY的な作業が苦手な方は難しいと思います。取り付けの際にmm単位で設置したりしますし、トイレのタイプにより設置の仕方も異なります(節水型トイレなどを取り付けする場合など)

例えばこんな感じの排水管タイプのトイレ

そういった事をふまえて新しいトイレ交換の工事手順を紹介していきますね(^^)/

今回参考になったのがこの動画!

LIXILアメージュZ ECO5

トイレの分解、外し方~便器脱着まで~

トイレ交換に必要な道具は「マイナスドライバー、モンキーレンチ、タオル、バケツ、灯油ポンプ」

1.まずトイレの水道栓を止めます。(止水栓)

2.止水栓の水を止めたらトイレタンクの中にある水を抜きます。(トイレを流すようにレバーを回してタンク内を空にする)

3.ウォシュレットがついているトイレであればウォシュレットから取り外してください。
(ウォシュレットの取り外し方、取り付け方はこちらの動画が参考になります→https://www.youtube.com/embed/SXbSKVLatlk

4.ウォシュレットのホース内の中にある水を抜きます。

5.ウォシュレットと便座を外すとこのように裸になるので次に灯油ポンプで便器の中にたまっている水を吸水します。

6.トイレの下の方にあるトイレ本体を止めているネジを外します。
トイレのタイプによってこの様に白いキャップでカバーされていて分かりずらいかもしれませんが外せばネジが見えます。

7.タンクにつながっているフレキシブルホースを外します。

8.タンクの裏側にあるタンクと便器を繋いでいるネジを外します。
(普通のモンキーレンチで簡単に外せます)

9.ここで注意!タンクを持ち上げて外しますが、結構重いので一度、手洗い部分と分離して運んだほうが良いです。
もし、落としたりするとバッキーンと壊れますので。

10.とりあえずここまでの手順でやると便器のみにあるので外していきますが床と便器が粘着性のゴムシールでパッキンしているのでくっついて取れにくいので左右に揺さぶっていると取れるので諦めずにやってください。

ここまでの作業を初心者がやるとおそらく早くて1時間半~2時間くらいはかかると思います。

最後に床についているパッキンを綺麗にはがして床を綺麗にお掃除します。

<<スポンサードリンク>>

新しいトイレの取り付け方

1.リフォーム用トイレパイプの計測をします。長さを計測してトイレに合ったトイレパイプを取り付けます。

2.塩ビパイプ用接着剤を接続する内面と外面にたっぷりと塗り付けます。

3.トイレパイプを組み立てていきます。

4.仮置きして寸法チェックしてしっかりと合いそうか確かめます。

5.トイレの型紙を置いて寸法の合うところにネジで止めます。この型紙通りにトイレを置いていきます。

6.排水パイプにパッキンを取り付けます。

7.トイレパイプをしっかりとネジで固定します。

8.便器下部を排水パイプにはめ込むようにしてしっかりと便器を乗せてネジを止めます。

9.これからは先ほどトイレタンクを外した手順で逆に取り付けていきます。
そしてネジと目をしっかりと。

10.トイレタンクの中身の配管構造は新しいトイレを購入した時の説明書に載っているので取り付けていきます。

11.ウォシュレットを取り付けていきます。

後はウォシュレットが正しく動くか動作確認です。

以上が自分でトイレ交換を行う取り外し、取り付けの手順になります。

作業時間は3~4時間くらい見た方がよさそうですね!

ちなみに和式トイレから洋式トイレに工事を行う手順はこちらの動画が参考になりますよ!

トイレ交換専門の業者に頼んだ場合にかかる費用はこのくらい

ここまでトイレ交換の作業手順を見た通りどうしても自分でできない方はやはり専門業者に依頼したほうが良いです。
プロに取り付けをしてもらう方が確実です。

じゃあ、トイレ交換の工事を業者に頼んだ場合いくらくらいの費用が掛かるのかという事についてですが、既にトイレを自分で用意して取り外し取り付けだけの作業となっても凄い作業量になるので約6万円~10万円程度はかかります。

もし、トイレをまだ購入もしておらずこれから購入を考えている方は水道専門業者でもトイレを販売しているので直接アドバイスやおすすめのトイレを聞いたりして教えてもらう方が得です。

もし僕ならトイレ交換専門の業者さんのホームページを見てトイレ販売を行っているか確認して販売していれば、直接問い合わせて「新しくトイレの購入を検討しているのでおすすめのトイレ教えてくれませんか?」と電話します。

すると絶対に高い商品ですから丁寧にレクチャーしてくれるんですね。

それでもし、気になるトイレがあれば「このトイレ購入するので設置もできますか?もう少しお値段割引できませんか?」と交渉してみましょう。

気前の良い所はほぼ確実安くしてくれます(笑)

トイレ交換のキャンペーンをしているところを狙ってみるのも良いと思いますよ(^^)

<<スポンサードリンク>>

まとめ

トイレを自分で購入した場合約最低でも10万円程はかかる。
交換作業に手間がかかる。

トイレ交換専門業者におすすめのトイレを教えてもらい、直接仕入れるとトイレの取り外し、取り付け交換工事作業、トイレの商品代金込みで10万円台の業者さんもあるのでこっちの方が僕は断然おすすめですね。

元トイレ修理業者、桜井おすすめ!信頼できる口コミ評判も良い業者ランキング

水道修理隊

料金は2000円~となっており、この料金が最低料金で簡単な作業であれば2000円で済む格安な料金価格となっています。 出張お見積もり無料で行っているので一度、電話で問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 - トイレの修理